HOME > ブランド案内 > アシュケア

メルマガ会員募集中

ビューティーサイエンスイワイでお買い上げ2,000円(税込)以上で、送料無料0円
代引手数料はお買い上げ金額に関わらず無料

日本アトピー協会賛助会員
岩井商事株式会社は、日本アトピー協会賛助会員です。
⇒詳しくはこちら


日本産業皮膚衛生協会会員

岩井商事株式会社は、日本産業皮膚衛生協会会員に属しています。

お問い合わせはこちら

ビューティサイエンスイワイの商品に関するご質問・ お問い合わせは、お電話やメールにて承っています。

お問い合わせ窓口 0120-82-8585

メールでのお問い合わせはこちら

What's New

2014.6.20
『mina』8月号に掲載されました!
2014.4.18
『ビューティ週刊誌WWDビューティ』4月17日号に掲載されました!
2013.11.26
ビューティーサイエンスイワイのホームページをリニューアルしました。
2012.1.16
ピュアファインケアトリートメントクリームEX販売終了

紫外線指数

お肌の天敵、紫外線をお出かけ前にチェック!紫外線対策を忘れずに。

紫外線指数

新規お取引募集

アシュケアについて

アシュケアのこだわり

低刺激性

表示指定成分無添加でアレルゲンの原因となるものを極力排除しました。

天然成分

天然由来の植物性成分を配合しています。

年齢を問わずスキンケア

赤ちゃんからお年寄りまで、お肌のトラブルの有無にかかわらず毎日お使いいただけます。

環境にやさしい

容器や包装などは、ダイオキシンや環境ホルモンを含んでいません。

※動物実験はしておりません。
アシュケアのCMと商品説明を動画(約8分)

お肌にやさしい天然成分ヒノキチオールを選びました。

ヒノキチオールはヒノキ・ヒバの抽出液に含まれる成分で、食品用防腐剤にも使用されている安心できる成分です。 ヒノキチオールは、優れた抗菌作用・消炎作用を持っていますが、光に当ると抗菌力が壊れてしまうという弱点がありました。

アシュケアで使用しているヒノキチオールは錯イオン化することで、光に当っても壊れず長時間抗菌力が持続する 『持続型ヒノキチオール』 を使用しているので、長時間お肌を清潔に保つことができます。

Dr.アシュケア 3つの相乗効果 +特許製法の安定化したヒノキチオール配合

アトピー体質の方に多く見られる“黄色ブドウ球菌”の繁殖を防ぎます。

+肌質改善成分をいわれるリン脂質ポリマー配合

リン脂質ポリマーは、ヒアルロン酸の2倍の水分保持機能を持つと言われています。

+アレルゲンの原因成分を極力排除した処方

香料、着色料(タール系色素)、鉱物油、紫外線吸収剤、蛍光剤、パラベン、アルコール、アルコール抽出成分、
表示指定成分無添加の低刺激処方で、敏感なお肌の方にも安心してお使いいただけます。

●商品はこちら

薬用メディソープ

(低刺激性顔・からだ用液体ソープ)

薬用メディシャンプー

(低刺激性ヘアシャンプー)

薬用メディローション

(低刺激性顔・からだ用保湿ローション)

薬用メディコンディショナー

(低刺激性ヘアコンディショナー)

薬用メディクリーム

(低刺激性顔・からだ用保湿クリーム)

薬用バランスアップ
ウォッシュ

(低刺激性洗顔石けん)

薬用バージンナイト
クリーム

(低刺激性夜用美容クリーム)

E・G・Faceクリーム

(EGF配合 低刺激性美容保湿クリーム)

薬用UVプロテクト
ミッションクリア

(低刺激性紫外線防止下地)

薬用プレストパウダー

(超微粒子パウダー)

薬用UVリキッドクリアベール

(日焼け止め化粧下地)

薬用フェイスパウダー

(低刺激性仕上げパウダー)

●取り扱い店舗

持続型ヒノキチオールについて

「ヒノキチオール」とは、アスナロ属科ヒノキの幹から抽出される成分で、お肌にやさしいにもかかわらず、 抗菌作用、細胞活性化作用といった薬効があるといわれている成分で、アトピー体質の方に多く見られる 「黄色ブドウ球菌」やニキビの「アクネ菌」、SARSのコロナウィルス、フケの原因と言われる 「カビ菌」等に高い抗菌力を示します。

その優れた抗菌力から、ヒノキのまな板やヒノキ風呂などに利用されています。しかしながら、従来の 「ヒノキチオール」は安定性に問題があり、微量の金属イオンに反応をし、光や熱に弱く、 抗菌性が低下してしまい変色や製品劣化を避けることが難しかったのですが、「アシュケア」では食品にも 添加可能な特許製法の安定化したヒノキチオール(持続型ヒノキチオール)を使用していますので、製品を劣化させにくく、 敏感なお肌を長時間清潔に保ちます。

持続型ヒノキチオールの菌数変化
持続型ヒノキチオールの安定性


持続型ヒノキチオールについて


ページトップ